天然石の効果とその選び方

天然石とは、人工に生み出されたものではなく、自然に生み出された石を指します。その定義に従いますと、道端に転がる石でさえも「天然石」に該当します。それに対して、天然石の中でも、持ち主の願いをかなえてくれるパワーを持つと考えらている、いわゆる「パワーストーン」を、「天然石」と呼ぶこともあります。ここでは、そのような「パワーストーン」としての「天然石」をご説明したいと思います。パワーストーンは、先ほども申しましたとおり、「願いをかなえてくれる力を持つ」と考えられています。

しかし、石そのものが、なんでも願いをかなえてくれるわけではありません。その石を持ち歩くことで、持ち主が持つ潜在能力を引き出す助けとなり、願いの成就に結びつける、それがパワーストーンの力です。パワーストーンはどれでも同じ効果を持つ、というわけではなく、それぞれの石にそれぞれの意味が宿っています。例えば、ダイヤモンドはその硬さから「不屈の石」とされ、「心理的に強い人になりたい」「逆境に打ち勝ちたい」と考えている人におすすめのパワーストーンです。また、ラピスラズリは「智慧(ちえ)の石」と言われており、「頭が良くなりたい」「勘を鋭くしたい」というような人の願いをかなえてくれる石です。このように、それぞれに意味を持つパワーストーンですが、必ずその意味に従って持つパワーストーンを決めなければならない、というわけではありません。色や形、大きさを見て、直感的に「この石がほしい」と思うこともあるかと思います。パワーストーンは、身に着けている人の心に働きかけ、潜在能力を引き出す石です。その人の心に響かなければ、パワーストーンの効果を得ることもできません。直感的に気に入ったパワーストーンが、その人にとって本当に必要な石だ、ということもあるでしょう。

あまり意味にこだわらず、直感で選ぶのも大切です。また、天然石は自然に生まれてきたものですので、日が経つにつれて変質することもあると思います。色が変わってしまったり、ヒビが入ったり、割れてしまうということもあるでしょう。そのような変化は、持ち主に訪れた災いを、パワーストーンが持ち主の換わりに受けた、ということです。役目を終えた石には、「ありがとう」と感謝の言葉をかけて、自然に帰してあげましょう。パワーストーンの効果を得るには、持つ人の「願いをかなえたい」という意志が必要です。あまりパワーストーンを過信せず、正しい知識を持って、自分にあったパワーストーンを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.